購入する際のポイント

コストパフォーマンスが高いと聞いていても実際にDWG互換CADを導入するとなると実務で問題なく使用することができるのかというのは多くの経営者や担当者が頭を抱える問題であり、例えばファイルの互換性や図面化け、文字化けなどの有無や容量の大きなファイルを使用するときの安定性や操作性など実務にどのぐらいの影響が出るかというのは悩むところです。

DWG互換CADをそこでDWG互換CADを購入する際は、まずは体験版を利用するという方法があります。DWG互換CADには体験版をリリースしているソフトもあり、まずは体験版を使用してみることで、表示や操作性などを実際に確認することができます。体験版は各メーカーで期間が設けられており、その期間のみ無料でDWG互換CADを利用することが可能となっており、いくつかのメーカーのDWG互換CADを無料で体験してみて、一番良かったものを購入することで失敗を防ぐことができます。

またDWG互換CADを実際に購入する際は、ライセンスが永久なのか年間契約なのか、サポート体制は充実しているのかなど、安価な価格で導入することができるとは言っても、費用が無駄にならないように価格だけではなくその他のポイントもしっかり確認して購入するようにしましょう。

Pocket

DWG互換CADとは

DWG互換CADはオートCADとの互換性を持つCADのことであり、オートCADとはアメリカのソフトウェア開発会社が提供している汎用のCADソフトウェアです。オートCADと高い互換性を持っているというのは非常に強力なメリットがあり、これまでオートCADで行っていた設計作業をそのままDWG互換CADで行うことができます。様々なソフトウェアに互換性のあるソフトウェアが登場していますが、中には互換性が低いことからレイアウトが崩れてしまう、正しく表示されないということが起こりますが、DWG互換CADは、きちんとレイアウトが表示され、違和感なく作業を行うことができると評価も高いことから多くの企業が導入しています。

DWG互換CADDWG互換CADであれば、これまで続けてきた作業を無駄にすることもなく、これまでの環境と同じように作業を移行することができます。互換性のあるCADは他にも登場していますが、これまで以上に高い互換性で設計の分野で広く活用されているのがDWG互換CADです。またCADソフトを使用する企業では運用コストをどう削減するかが課題の1つとなっていますが、DWG互換CADは比較的安価な価格で導入することができることから多くの企業がDWG互換CADのコストパフォーマンスの高さを評価し導入を始めています。

Pocket

CADとは

設計や製図などを支援するシステムソフトであるCADは自動車や住宅、建築や服飾など様々な分野で活用されています。手作業で行っていた設計や製図をコンピューターで行うことができ、今や図面をもとに作られるものづくりに欠かせないものとなっているのがCADです。CADは1960年代にアメリカの航空機メーカーが飛行機を設計するために開発しました。その後自動車や家電製品の製図にも使用されるようになり、一般に普及したと言われています。現在は建築や服飾、土木や電気など様々な分野に特化したCADが登場しています。

設計図CADの特徴として挙げられるのが、手書きでの製図よりも簡単に製図を行うことができるという点です。製品の形状や必要な情報を全て手作業で書き込んでいく手書きに対してコンピューターで表現するCADは作業の時間を短縮することができ、図面の線の太さなども均一にすることができるので、誰でも情報さえあれば均一の図面を描くことができるようになります。また手作業に比べると製図の修正も手軽にできるというのも特徴の1つです。手書きの製図を修正する場合は他の箇所を消さないようにして修正をしなければなりませんが、CADであれば修正したい部分だけを簡単に消して修正を行うことができます。この他にもCADであれば製図などのデータの管理や共有を手軽に行うことができます。手書きの紙の図面の場合は保管や複製なども手間がかかってしまいますが、CADであればコンピューターの中にデータとして保存することができ複製も簡単です。

Pocket