CADとは

設計や製図などを支援するシステムソフトであるCADは自動車や住宅、建築や服飾など様々な分野で活用されています。手作業で行っていた設計や製図をコンピューターで行うことができ、今や図面をもとに作られるものづくりに欠かせないものとなっているのがCADです。CADは1960年代にアメリカの航空機メーカーが飛行機を設計するために開発しました。その後自動車や家電製品の製図にも使用されるようになり、一般に普及したと言われています。現在は建築や服飾、土木や電気など様々な分野に特化したCADが登場しています。

設計図CADの特徴として挙げられるのが、手書きでの製図よりも簡単に製図を行うことができるという点です。製品の形状や必要な情報を全て手作業で書き込んでいく手書きに対してコンピューターで表現するCADは作業の時間を短縮することができ、図面の線の太さなども均一にすることができるので、誰でも情報さえあれば均一の図面を描くことができるようになります。また手作業に比べると製図の修正も手軽にできるというのも特徴の1つです。手書きの製図を修正する場合は他の箇所を消さないようにして修正をしなければなりませんが、CADであれば修正したい部分だけを簡単に消して修正を行うことができます。この他にもCADであれば製図などのデータの管理や共有を手軽に行うことができます。手書きの紙の図面の場合は保管や複製なども手間がかかってしまいますが、CADであればコンピューターの中にデータとして保存することができ複製も簡単です。

Pocket