購入する際のポイント

コストパフォーマンスが高いと聞いていても実際にDWG互換CADを導入するとなると実務で問題なく使用することができるのかというのは多くの経営者や担当者が頭を抱える問題であり、例えばファイルの互換性や図面化け、文字化けなどの有無や容量の大きなファイルを使用するときの安定性や操作性など実務にどのぐらいの影響が出るかというのは悩むところです。

DWG互換CADをそこでDWG互換CADを購入する際は、まずは体験版を利用するという方法があります。DWG互換CADには体験版をリリースしているソフトもあり、まずは体験版を使用してみることで、表示や操作性などを実際に確認することができます。体験版は各メーカーで期間が設けられており、その期間のみ無料でDWG互換CADを利用することが可能となっており、いくつかのメーカーのDWG互換CADを無料で体験してみて、一番良かったものを購入することで失敗を防ぐことができます

またDWG互換CADを実際に購入する際は、ライセンスが永久なのか年間契約なのか、サポート体制は充実しているのかなど、安価な価格で導入することができるとは言っても、費用が無駄にならないように価格だけではなくその他のポイントもしっかり確認して購入するようにしましょう。

Pocket